日本ロッシーニ協会

協会の設立 | 協会の活動 | 機関誌・紀要例会のご案内定期演奏会入会のご案内 |連絡先

協会の活動

 日本ロッシーニ協会(Società Rossiniana Giapponese)は、ロッシーニとその作品の世界的再評価と研究の飛躍的発展に鑑み、これを学問的に継承し、日本における研究・批評・著述・演奏にさまざまな角度から貢献することを目的として、1995年12月に設立されました。名誉会長に19世紀イタリア・オペラの文献学的批判考証の世界的権威フィリップ・ゴセット氏(ロッシーニ財団によるロッシーニ全集編纂最高責任者、及びシカゴ大学による批判校訂版ヴェルディ全集の編纂最高責任者)を迎え、研究者と演奏家の相互協力、さらに諸外国の研究団体との交流を通じて、ロッシーニ復興運動の一翼を担うべく活動を続けております。


組織(2015年5月改編)
名誉会長 フィリップ・ゴセット Philip Gossett
顧問高崎保男 (註:2009年3月まで会長)
会長水谷彰良 (註:2009年3月まで副会長/事務局長)
事務局長金井紀子 (註:2009年4月より)
運営委員 朝岡聡
天羽明恵
家田紀子
井内美香
音喜多晶子
小畑恒夫
阪口直子
 及び前記役員の金井紀子と水谷彰良(50音順)
会員 約100名
関連団体 ロッシーニ財団(ペーザロ)
ドイツ・ロッシーニ協会(シュトゥットガルト)
事務局 〒158-0085
東京都世田谷区玉川田園調布1-11-11-102
TEL 03-3721-2084 / FAX 03-3722-0426
金井紀子
Rossiniana編集部 〒158-0085
東京都世田谷区玉川田園調布1-11-11-102
TEL 03-3721-2084 / FAX 03-3722-0426
水谷彰良
主な活動と事業
後援 ロッシーニ普及に寄与すると認められる上演や演奏会への後援と協力。
機関紙・紀要 ロッシーニ通信(不定期)、紀要『ロッシニアーナ』(現在は年1回)の発行。
演奏会 ロッシーニ時代の歌唱法研究と作品普及を目的とする演奏会の開催。
国際協力 諸外国の団体・研究者との交流と協力。
ロッシーニ財団および関連研究者への資料・情報の提供。
ドイツ・ロッシーニ協会との提携・協力。
例会 講演、講座、ロッシーニのオペラ映像鑑賞など(年4~5回開催)。
今後の予定事業 楽譜出版、文献出版、CD制作など。


ドイツ・ロッシーニ協会との交流
ロッシーニ研究者/ドイツ・ロッシーニ協会事務局長レート・ミュラー氏と日本ロッシーニ協会会長水谷彰良
(2014年8月ペーザロのロッシーニ劇場前にて)



  • ♪~メールマガジンの登録~♪

    メールマガジン「ガゼッタ」創刊号は2012年9月7日配信、10月から月3回(5日、15日、25日)をめどに配信中です。メルマガ受信をご希望の方は下記にてご登録お願いいたします(読みにくく、字数制限ありですが携帯可)。メールアドレスを入力後、仮登録のメールが届きますので、そのメールにあるURLをクリックすると登録完了です。

    参加メールアドレス
    退会メールアドレス

  • 過去のメルマガはこちら。


Page Top